DAOKOって誰?紅白初出場!読み方や本名は?打上花火でコラボ!

DAOKO,誰

2018年紅白歌合戦の出場歌手が発表され、そこにDAOKOさんのお名前がありました。

DAOKOさんが出る!と喜んでいる人を目にしつつ、「DAOKOさんとは誰・・・?」と思われた方も多いようです。

今回は、DAOKOさんが誰なのか、どんな方なのか調べてみました。

スポンサーリンク

 

DAOKOって誰?紅白出場歌手に選出!

DAOKO,誰,写真

引用元:Twitter

DAOKOさんが2018年の紅白歌合戦に出場されることが分かりました。

DAKOさんの登場に、Twitterでは「DAOKOさんって誰?」の声もちらほら…

スポンサーリンク

DAOKOって誰?有名な曲・歌は?『打上花火』?

DAOKO,誰

引用元:Twitter

DAOKOさんが誰?という方でも、この曲を聞くと「あ~!聞いたことある!」となるのではないでしょうか。

DAOKOさんの楽曲で、「DAOKO×米津玄師」の名義で発売された『打上花火』。

新房昭之監督のアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌に起用されたことで有名になりました。

街中でも、結構流れていましたよね。2017年8月16日にリリースされています。

DAOKOって誰?名前の読み方や本名は?

DAOKO,誰

引用元:Twitter

名前:DAOKO

読み方:だをこ

生年月日:1997年3月4日(21歳)

出身:東京

ジャンル:ラップシンガー

本名:非公開(インタビューで「本名の自分が嫌い、本名にコンプレックスがある」と語られているそう)

スポンサーリンク

DAOKOって誰?これまでの活動実績は?

DAOKO,誰

引用元:Twitter

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Albumを発売

16歳にして2013年『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用

●2014年公開映画「渇き。」では、中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢

●2015年3月女子高生にして、1st アルバム『DAOKO』にてジャーデビュー

●『打上花火』は、アニメーションMVが1億8千万回視聴を越え、4週連続iTunesソング・ランキング1位を獲得

●『Cygames presents DAOKO TOUR 2017-2018 “THANK YOU BLUE”』 では全国6ヶ所海外2ヶ所3公演計9公演を行い大成功を収めた

●ラジオもされています。

DAOKOは、大物歌手とコラボしている!椎名林檎を敬愛!

DAOKO,コラボ,誰

引用元:Twitter

「打上花火」の米津玄師さんもそうですし、岡村靖幸さん、D.A.Nさんともコラボされています。

また、DAOKOさんが一番に敬愛するアーティストが、椎名林檎さんだそうで、幼少期から聴かれており、「唯一無二の存在」、「理想の女性像」と言われています。

確かに、DAOKOさんの独特の雰囲気は、椎名林檎さんを彷彿とさせるところがあるかもしれません。

いつか、椎名林檎さんとのコラボも見てみたいですね。

まとめ

DAOKOさんはそのミステリアスな魅力と音楽の才能で、知らないうちに大活躍をされていました。

21歳には見えない色気や、独特の世界観から、音楽だけでなく、ファッションにも注目が集まりそうです。

紅白歌合戦だけでなく、今後のご活躍も楽しみですね。

関連記事:笑ってはいけない2019目撃情報!テーマは考古学で2年ぶり研究員

関連記事:ガキ使の藤原寛は社長?いつから?年収は億?コスプレには慣れた?!

[quads id