二宮和也の演技力の評価は?助演男優賞!受賞歴は?ハリウッド映画も!

二宮和也,演技力

嵐の二宮和也さんの演技力が評価され、報知映画賞の助演男優賞を受賞されました。

ジャニーズの受賞は2人目ということもあり、その快挙が話題となっています。

そこで今回は、二宮和也さんの演技力の評価や、これまでの受賞歴について調べてみました。

スポンサーリンク

 

二宮和也の演技力が評価!助演男優賞を受賞!

二宮和也

引用元:Twitter

11月27日に第43回報知映画賞が発表され、助演男優賞に『検察側の罪人』で検事役を演じた二宮和也さんが選ばれました。

報知映画賞43年の歴史の中で、ジャニーズが受賞したのは2人目で、

2014年に「永遠の0」で主演男優賞を受賞したV6の岡田准一さん以来の快挙です。

『検察側の罪人』の主演でジャニーズ事務所の大先輩である木村拓哉さん演じる、エリート検事と対峙する役どころです。

その迫真の演技には、観客も恐怖を感じるほど。…もう一度観たくなってきました。

スポンサーリンク

二宮和也の演技力の評価は?受賞歴は?

二宮和也,演技力

引用元Twitter

二宮和也さんがジャニーズ事務所に入所したのは1996年で、まだ中学生のとき。

嵐のデビューは、1999年ですが、なんとデビュー前から俳優デビューをされていたそうです。

受賞歴としては、2006年のTBS系『少しは、恩返しができたかな』で橋田賞受賞、

2015年の『母と暮せば』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞されています。

二宮和也の演技力は?過去の出演作品

●97年の「STAND BY ME」で初舞台

●翌98年には田中美佐子と共演した「天城越え」(TBS系)でドラマ初出演

●翌99年4月、「あぶない放課後」(テレビ朝日系)でドラマ初W主演。

●同年9月に「嵐」としてデビュー

●2002年に「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」で映画デビュー

●翌03年の「青の炎」で映画初単独主演。監督は蜷川幸雄氏で、二宮和也さんは、家族を救うため犯罪に手を染めてしまう17歳の少年を好演

●同年に「Stand Up!!」(TBS系)で連続ドラマ単独初主演。

●04年になると、蜷川氏の舞台「シブヤから遠く離れて」の主役に抜擢

二宮和也の演技力が評価!ハリウッド映画にも出演!

二宮和也

引用元:Twitter

二宮和也さんは、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島の手紙』でハリウッド映画デビューをされています。

作品も演技もアメリカで高い評価を受け、イーストウッド監督も二宮和也さんについて『類まれな才能の持ち主』と称賛しました。

『青の炎』のとき蜷川氏から『あの世代の演技者としては世界レベルで見ても、十分通用する』と認められた実力が証明されています。

現地のマスコミでも二宮が取り上げられ、CNNが選んだこれから期待できる日本の俳優の中に加瀬亮や堺雅人安藤サクラ木村多江らとともに名を連ねました。

ちなみに、ハリウッドデビューはジャニーズタレントとして初で、「硫黄島の手紙」はアカデミー賞にもノミネートされた話題作となりました。

まとめ

高い評価を受けている二宮和也さんの演技力、今後のご活躍も期待です!

スポンサーリンク