気遣いのできる人になるコツを、察する文化の京都人から学んでみよう

こんにちは!今日も人付き合いが楽になる方法を紹介します。

今回は、気遣いについてです。

気遣いのできる人になりたいけれど、どうすればいいの?

あなたの周りにも、「気が利くなぁ」と感心するような人はいますか。
気遣いのできる人は、それが習慣化しているため、意識せずとも出来ている方もおられるでしょう。

でも、ほんの少しの心がけであなたも気遣い上手になることができます。

今回は気遣いのできる人になるコツをご紹介します。
また、気遣いの上級者がさらりとする「さりげない気遣い」の考え方をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

 

気遣いとは

気遣いってそもそも何のことでしょう。
例えば、会食の席で相手の飲み物の量が減ってきたときに、「何か飲まれますか?」と一声かけてあげると「気遣いの出来る人だな」と思われます。

つまり、相手の欲求を先回りすることです。そのためには相手をよく観察しておく必要があります。

気遣いの出来る人は、相手が欲求を言葉にする前に気付き、動くことができます。
そのため相手は「自分のことを理解してくれている」と感じ、親近感が湧くようになります。

 

気遣いのコツ

気遣いをするためには、相手の状況を観察し、何を求めているかを想像する必要があります。

会食の場などで2人ではなく複数人の場合は、全体の様子を見て、自分ができることを率先して行うとよいでしょう。全体を見つつ、目の前の相手のことを観察する。

難しいように感じられますが、相手の立場になって考えることで、相手が求めていることが分かるようになります。

あなたの周りの気遣いのよくできる人に対して、「よく見てるなぁ~」と思うことはありませんか。
相手の欲求を先回りするためには、相手の状況を見て、「こうしたら相手が助かりそう、相手の負担を減らせそう」、「こうすれば喜んでもらえそう、良い気分になってもらえそう」という想像力を働かせる必要があります。

もし「気遣い」という言葉がハードルが高いようであれば、「相手を喜ばすにはどうすればよいか」を考えると良いでしょう。

スポンサーリンク

京都人のお察し文化から学ぶ、気遣いのポイント

京都出身・京都在住の生粋の京都人である筆者が、京都の察する文化から気遣いにおけるポイントを考察していきます。

本音と建前があると言われる京都人。そのため、察する文化が強く根付いています。
会話にイヤミが混じっていることも少なくないため、相手の言葉だけを真に受けず、その奥にある真意、相手の思いをくみ取らなければ生きていけません。

子どもの頃から、相手の言葉の裏側の意図まで考える習慣があり、気遣いは当然の文化である京都。
そんな京都では、さりげなく、上品な気遣いが求められます。

上品な気遣い

気遣いは本来、相手を思っての行動ですが、たまに自分のために気遣いをしてしまう人がいます。つまり、気が利くアピールというものです。

私も、気が利くアピールをする人に出会ったことがあります。
もしかすると本人はアピールしているつもりはなかったかもしれませんが、
「気遣いのできる自分を評価してほしい」というメッセージがひしひしと感じられ、逆に息苦しくなったのを覚えています。
そうなってしまうと本末転倒で、逆に「相手に気を遣わせてしまっている」という状況になってしまいます。

それでは、さりげない気遣いをするにはどうすればよいでしょうか。

さりげない気遣いをするには

相手に喜んでもらいたい、相手と円滑なコミュニケーションをとるために、心理的な距離を縮めたい。
そんな相手を思っての気遣いであれば、アピールと感じられることはほぼないでしょう。

つまり、気遣いをするときの自分の気持ちが大切ということです。

自分がした気遣いに気付いてもらえると嬉しいですが、「気付かれなくてもいい」というスタンスで気遣いのある行動をとるのがスマートです。

「縁の下の力持ち」のように、その場を円滑に動かすための潤滑油の機能をする気遣いを目指しましょう。
そんなさりげない気遣いを習慣にしていると、気付いた頃には周囲から「あの人は気遣いができる人」という認識をされているはずです。

人付き合いが楽になるアドバイス

気遣いは、相手の負担を減らすための行動やで。だから多少はその分、自分に負担がくる。

日本人のおもてなしの心が、相手を気分よくさせるためにすること。

難しく考えんでも、相手を思う気持ちがあれば大丈夫やで。

 

まとめ

さりげない気遣いをする考え方を紹介しました。ポイントを整理してみましょう。

・気遣いとは、相手の要求を先回りすること(相手の状況を見て、何を求めているか想像する必要がある)

・気遣いは、相手を思ってする行動のため、気が利くアピールになってはいけない(相手が喜ぶことは何かを考えてみる)

・さりげない気遣いとは、相手に気付かれなくてもいいというスタンスで気遣いある行動をとること

まずは小さなことから実践していき、
気遣いを習慣化し、意識しなくてもできるようになっていきましょう。

スポンサーリンク