滝沢秀明(タッキー)がジャニーズ社長に?!今井翼は事務所を退所?

 

2018年9月13日。衝撃の、「タッキー&翼」解散が発表されました。今回の決断は、タッキーの翼愛によるものなのでしょうか。

16年間の活動にピリオドを打った、解散までの流れと今後についてまとめました。

スポンサーリンク

 

タッキー&翼、解散の報告文面(全文)

まずは、ファンへの解散報告の文章を紹介します。

○下記の連絡がファン宛に流されました。

○そして、9月13日0時を過ぎた頃、以下の文書が発表されました。

 
スポンサーリンク

滝沢秀明(タッキー)が社長になるの?

後継者に指名された滝沢秀明は、1995年、13歳でジャニーズ事務所に入りました。その直後から、ジャニー氏の寵愛を受け続けてきたといいます。

滝沢秀明は年内いっぱいで芸能活動を引退し、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の意思を引き継ぐと記載がありますので、兼ねてから噂されていた後継者として活動されるということでしょう。

タレント育成、プロデュース、ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサートなどのエンタテインメントをプロデュースする仕事に専念するという文面からも、アーティストとしてではなく、管理側にまわることが示唆されています。

本格的な引き継ぎは”来年”という話も出ていますので、今すぐではなさそうですが、
ゆくゆくはジャニーズの社長になりそうです。

 

今井翼は退所?

今井翼は、現在も病気療養中のため、自身の身体としっかり向き合うためにジャニーズ事務所を退所すると記載されています。

このさきについては、心身が健康な状態になってから考えるとのことですので、芸能界復帰の可能性も”0”ではないと言えます。

今井翼の病気はメニエール病?

今井翼さんがメニエール病再発のため活動休止することが判明したのが、2018年3月29日。

度重なるめまいなどの症状があり、医師の診察を受けたところ「メニエール病の症状の再燃」と診断されたため、当面の仕事のスケジュールをキャンセルし治療に専念されていました。

めまいと吐き気の発作が繰り返し起こる病気で、一般的には「耳鳴り」や「難聴」も伴うそうです。

数分で発作が終わることもあれば、数時間も続くことがあり、長期間にわたって何度も発作を繰り返す人もいると聞きます。

つらい病気ですね。。

まとめ

翼とじゃなきゃ、デビューしない」という発言があるほど、タッキーは今井翼のことが好きなイメージもあります。

今井翼がタッキー&翼をやめて、事務所を去るのなら、タッキー自身も「1人で立つのではなく、一緒に終わろう」と思ったのでは?とファンの間では噂されています。

滝沢秀明と今井翼の本心は分かりませんが、今回の解散の決断はかなりの覚悟を持って決められたことだと思われます。

タッキー&翼が見られなくなるのは、とても寂しいですが、お2人の今後をそっと応援したい気持ちになりました。

スポンサーリンク